中四学新第30-003号
         平成30年3月6日
  第38回中四国学生剣道新人大会  要項(案)  
   
日   時 平成30年12月9日(日)午前9時開会
   
場   所 広島県立総合体育館・武道館(〒730−0011 広島県広島市中区基町4−1)пi082)228−1111
   
主   催 中四国学生剣道連盟
   
後   援 広島県教育委員会,広島市,毎日新聞広島支局,NHK広島放送局,中国放送,広島テレビ放送,テレビ新広島,(一財)広島県剣道連盟(以下申請中),中四学連剣友会
   
主   管 広島大学
   
種   目 男子団体戦,女子団体戦
   
出場資格 所定の手続きを済ませた者であり、男子団体戦、女子団体戦共に1・2回生の出場を認め、3回生以上の出場は認めない。但し,3年次に今までに全日本学生剣道連盟に登録をしたことのない3年次編入学生の1回のみの参加を認める。尚、2部学生が在学中に所属大学以外の身分で各実業団大会に出場した者の出場は認めない。
  @男子団体戦は、本連盟に加盟、準加盟及び加盟以外のオープン参加とする。
  A女子団体戦は、本連盟に加盟、準加盟及び加盟以外のオープン参加とする。
  但し、チーム構成登録選手(メンバー)の大学混成(男女の混成はない)チームについては、今大会においてこれを認め、チーム名を「混成A〜」等に簡略し、プログラム及び表彰状には大学名を表記する。
  ▲PAGE UP
試合方法 @男子団体戦は、1チーム7名中5名のトーナメント法により行い、
    女子団体戦は、1チーム5名中3名のトーナメント法により行う。
  但し1チームが、男子は5名に満たない場合は3名以上、女子は3名に満たない場合は2名以上に
  限り1チームとして認める。
     ※1チームが男子5名、女子3名に満たない場合の特則
      ・2名チームの場合、中堅に選手を置かない。
      ・3名チームの場合、先鋒、中堅、大将に選手を置く。
      ・4名チームの場合、先鋒、中堅、副将、大将に選手を置く。
  A試合は試合時間を男子5分3本勝負、女子4分3本勝負とし、勝敗の決しない時は引き分けとする。
  Bチームの勝敗は勝者数法により決する。
  C代表者戦の試合は、時間無制限の1本勝負として勝敗を決する。
  D登録選手(メンバー)の変更は、代表者会議までとし、各チーム1名のみが認められる。但し、オーダ
  ーの変更は試合の都度自由である。
  E試合・審判規則第7条3項,4項,5項並びに試合・審判細則第9条の判定抽選制度は採用しない。
 
試合規則
審判規則 
試合は,全日本剣道連盟試合・審判規則,試合・審判細則及び試合・審判運営要領による。
 1)二刀の使用者は、男女団体戦1チームにつき共に2名までとする。
   2)異議の申し立ては監督のみが有し,監督不在の場合,監督代理が有す(監督代理は本部に届けら
  れている者に限る)。
   
表   彰 男子団体戦 …… 優勝  2位  3位(2チーム),腰山静雄杯  優勝,最優秀新人賞 1名
  女子団体戦 …… 優勝  2位  3位(2チーム),腰山静雄杯  優勝,最優秀新人賞 1名
  ▲PAGE UP
事 務 局 〒739-0046 広島県東広島市鏡山1-3-1 広島大学体育会剣道部 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホーム 連盟情報 競技 次回大会案内 リンク・掲示板 お問合せ サイトマップ 個人情報保護 このサイトについて
Copyright University Kendo Federation of Chu-shikoku All Rights Reserved
中四国学生剣道連盟  無断複製転載を禁ず